性の進化論――女性のオルガスムは、なぜ霊長類にだけ発達したか?

性の進化論――女性のオルガスムは、なぜ霊長類にだけ発達したか?

性の進化論――女性のオルガスムは、なぜ霊長類にだけ発達したか?

クリストファー・ライアン (著), カシルダ・ジェタ (著)山本 規雄 (翻訳)

 

内容紹介(AmazoNサイトより)

なぜ人類は、乱交のセックスに興奮するのか?
今後、人類のSexはどのように進化するのか?
人類は、パンツを履いた“好色なサル"である。
その20万年にわたる“性生活"を明らかにした「性の進化論」。
米国で『キンゼイ・レポート』以来と言われる“大論争"を巻き起こし、
世界21か国で翻訳出版。
『ニューヨーク・タイムズ』年間ベストセラー! 

なぜ浮気のセックスは、気持ちがいいのか?
なぜ初めての男性とは、オルガスムに達しやすいのか?
なぜ女性だけが、エクスタシーの時に大声を出すのか?
それは、人類20万年の“性の進化"によって、女性の身体にプログラムされてきたからである。人類は“乱交"という生殖戦略によって、種としてのサバイバルに成功した。女性の“オルガスム"は、より多くの男性と交わるために発達したのである……。
本書は、進化生物学・心理学、人類学などの専門分野からの知見をもとに、人類20万年史における性の進化をたどり、現在の私たちの性と欲望のあり方の謎に迫った「性の進化論」である。米国で『キンゼイ・レポート』以来と言われる“大論争"を巻き起こし、世界21か国で翻訳出版されている。

「かつてダーウィンが『進化論』を発表したとき、人類がサルの仲間から進化してきたというその見解に対して多くの批判が浴びせられた。私たちもまた、多くの批判を受けることは覚悟のうえで、『性の進化論』によって、“人類のセクシャリティの本質"が、類人猿と共通の祖先に由来すること論証し、長年にわたって隠蔽されてきた真実を明らかにしたい」(序文より)

■本書への反響 「人間のセクシャリティに関する定説の多くに一撃を加えており、本書は、最良の意味で“一つのスキャンダル"である」(『ニューヨークタイムズ』年間ベストセラー)
「1948年の『キンゼイ・レポート』以来、人間のセクシュアリティに関して書かれた最も重要な本」(ダン・サヴィジ、作家・評論家)
「ダーウィンも、デスモンド・モリス(『裸のサル』)も、ヘレン・フィッシャー(『愛はなぜ終わるのか』)も、人類の性の進化については、偏見がぬぐえなかったようだ。性に対する認識を改める革命的な本だ」(『パブリッシャーズ・ウィークリー』誌)

内容(「BOOK」データベースより)

パンツを穿いた“好色なサル”は、20万年にわたって、どのような“性生活”を送ってきたか?今後、人類のSexはどう進化するのか?本書は、進化生物学・心理学、人類学などの専門分野の知見をもとに、人類20万年史における性の進化をたどり、現在の私たちの性と欲望のあり方の謎に迫った「性の進化論」である。米国で『キンゼイ・レポート』以来と言われる“大論争”を巻き起こし、世界21か国で翻訳出版されている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ライアン,クリストファー(Christopher Ryan)
心理学者、調査心理学博士。サンフランシスコのセイブルック大学で、調査心理学の博士号を取得。アラスカ、タイ、メキシコなど世界中をめぐって得た各地の性文化に対する見識を活かして、人間のセクシュアリティの本性に焦点を当てた心理学研究を進め、本書の元となった「先史時代における人類の性の起源」の博士論文を執筆した。現在、バルセロナに在住し、バルセロナ医学大学講師と、複数の病院の顧問をしている。さまざまな雑誌・新聞、TVやインターネットでも活躍している 

ジェタ,カシルダ(Cacilda Jetha)
精神科医、医学博士。モザンビーク生まれ。子ども時代に勃発した内戦を逃れ、ポルトガルで教育を受けた。1980年代末、医師として内戦で荒れ果てた故国を癒すために、モザンビークに戻る。北部の僻地で、5万人に1人の医師という環境で、医療活動を7年間行なった。また、AIDS予防のためのWHOの性行動調査の責任者も務めた。モザンビークで、ほぼ10年間にわたって活動したのち、ポルトガルで精神医学・労働医学の両分野でレジデントとしての訓練を終えた 

山本/規雄
1967年、東京都生まれ。出版社等勤務を経て、現在、翻訳業・編集業に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 520ページ

  • 出版社: 作品社 (2014/7/12)

  • 言語: 日本語

  • ISBN-10: 4861824958

  • ISBN-13: 978-4861824951

  • 発売日: 2014/7/12

  • ¥ 3,888

  目次  序文 人類の“セクシュアリティ進化”の真実―人類の女性に、なぜオルガスムが発達したのか? 第1部 進化論は“性”をどのように扱ってきたか? 第2部 先史時代の人類の性生活―“エデンの園”は、性の楽園だったのか? 第3部 われわれの祖先の日常生活 第4部 性器とオルガスムの進化論 第5部 人類のセクシュアリティ進化の未来は?

 

目次 

序文 人類の“セクシュアリティ進化”の真実―人類の女性に、なぜオルガスムが発達したのか?
第1部 進化論は“性”をどのように扱ってきたか?
第2部 先史時代の人類の性生活―“エデンの園”は、性の楽園だったのか?
第3部 われわれの祖先の日常生活
第4部 性器とオルガスムの進化論
第5部 人類のセクシュアリティ進化の未来は?


「性の進化論」の読者フォトコレクション

「性の進化論」を読むあなたの姿を写真にしてみませんか。掲載希望の方はこちらにメールでお送り下さい→ christopherassistant@gmail.com


個人情報は厳守いたします。